海外介護事業サポート

日本の認知症ケアがフィリピンの国家資格に加わる?

フィリピンから、介護の世界に新しい波が来ています。
 
出稼ぎで知られるこの国には、「NC2 Caregiving」という介護の国家資格が存在します。
これは、技術教育開発庁(TESDA)が提供するプログラムの一つで、海外で働くフィリピン人ケアワーカーのスキルと知識を国が保証するために設けられました。この点から見ても、ケアワーカーを海外に推し進めるのは、フィリピンの国家戦略の一環と言えるでしょう。
 
 
(フィリピン人ケアワーカーの教育風景)
 
さて、国家戦略として、フィリピン人ケアワーカーを海外市場に売り込むわけですが、民間資格だけでは信頼性が問われがちです。しかし、「NC2 Caregiving」は、フィリピン政府が背後にあるのですから、その資格の価値が格段に上がります。このように、国の後押しもあって、フィリピン人ケアワーカーは世界各地の介護・医療現場で活躍しています。
 
(フィリピン介護国家資格のカリキュラム内容)
 
ところで、TESDAが今、新たな動きを見せています。それは「NC2 Dementia Care(認知症ケアの国家資格)」の導入です。認知症ケアは、日本だけでなく世界的な課題になっています。TESDAはこの新しい資格を通じて、認知症ケアに特化した人材を育成し、世界に送り出そうとしているのです。
 
そんな中、予期せぬニュースが入ってきました。昨年から取り組んでいた「きらめき介護塾」の認知症紙芝居を、グローバルバージョンにリモデルした「Dementia Care Digital Kamishibai(認知症ケア デジタル紙芝居)」が、この新しい資格のカリキュラムに含まれるかもしれないというのです。
(認知症ケアデジタル紙芝居を使ったプレゼン@国際認知症ケア学会)
 
この話が進んでいたのは、私のフィリピン人パートナーが、認知症ケアアジアと共に、水面下でTESDAと交渉していたからです。TESDAも、日本の進んだ認知症ケアを取り入れることで、他国に対してもアピールできるし、日本の介護市場へのフィリピン人ケアワーカーの送り出しにも役立つと考えたのでしょう。
 
繰り返しになりますが、技術教育開発庁(TESDA)によって提供される資格認定プログラムは、海外にフィリピン人ワーカーを売り込むための品質保証です。したがって、資格と海外雇用がリンクしていなければ、TESDAが動き出すことはない、というのが私の見解です。
 
外国人ケアワーカーの受け入れを加速している日本の現状を鑑みても、Dementia Care Digital Kamishibai (認知症ケア デジタル紙芝居)がフィリピンの認知症ケアの国家資格のカリキュラムに加わることは十分にあり得ると思います。
 
彼らの話によると、2018年からこのプロジェクトは動いているようです。TESDAとの協議も、十分に重ねていることが分かりました。
 
もし、この話が実現すれば、フィリピン人ケアワーカーの背中に乗って、世界中に日本の認知症ケアを広げることができるかもしれません。まさに、たなぼた的な発想です。
 
こんな行き当たりばったりの展開ですが、0→1で何かを生み出す時というのは、たいていぐちゃぐちゃのカオスの中から、偶然と偶然がいくつか重なり合って、気がついたらカタチになっていたと気づくものです。なので、スマートではなくてもいいから、諦めずに前に推し進めることが大切だと思います。重要なのは、パッション(情熱)です。
 
現時点で、私が出る幕はほとんどないので静観しながらも、実現できるようにと天に祈っています。たなぼただろうが、他力本願だろうが、なんでもいいです。手段は問わず、日本の介護を世界に届けていきます。
 
(アジアの医療従事者向けに日本の認知症ケアをオンラインで指導)
福井のfacebook 福井淳一@海を渡った介護士 note

日本とフィリピンの元気の源の違い、ある貴婦人からの教え

断食道場で過ごした日々がフラッシュバックしました。

20代の時のことです。介護施設のお年寄りが入院すると、大体弱って施設に戻ってくるのを目の当たりにして、西洋医学に疑問を持つようになりました。そこから自分なりに東洋医学を勉強して、断食道場に行きつきました。

大分県にある断食道場
大分県にある断食道場

今でこそ、西洋医学も東洋医学も、どちらも大切だというのは理解しています。しかし、あの時は盲目的に東洋医学に突っ走っていましたね。そして、気が付いたら9日間の断食道場のプログラムに参加していました。29歳冬の出来事です。

断食道場での生活は割愛しますが、間違いなくヘルスリテラシー(自分の健康に責任を持ち、健康的な生活を送るために必要な能力)が向上したのは確かです。

さて、待ちに待った断食道場最終日のこと。道場特製のおじやが出されました。

最終日のメニュー、特製おじや
最終日のメニュー、特製おじや

さして太っていない私が、9日間の滞在で6-7キロ減量しています。意識は研ぎ澄まされているものの、身体は半病人状態です。胃の中はもちろん空っぽ。そんな状態で、おじやを一口、口に含み飲み込みました。その数秒後に、全身から力が湧いてきたのを今でも鮮明に覚えています。

嗚呼、人間は、食べたもので生かされているのだと、心の底から実感しました。

あれから15年経った先日のこと。3年ぶりにマニラにあるなじみの高齢者施設を訪問しました。フィリピン人ケアワーカーの面接のために来比された、施設長らご一行様と一緒です。

House of Somang マニラにある高齢者施設
House of Somang マニラにある高齢者施設

フィリピン人特有の明るさは、お年を召されていても健在です。その陽気な雰囲気に触発されたのか、日本からいらっしゃった施設長が、「みなさんはとても元気ですね、元気の秘訣は何ですか?」と質問されました。

私は、「いつも笑顔でいることです」とか、「些細なことでくよくよ悩まないことです」などの、回答を想像していました。すると、開口一番発せられた言葉は、

「エンシュア!!」

でした。医療・介護従事者であれば誰でも知っている、このエンシュア。食事をすることができない時に、栄養をバランスよく体内に補給する栄養剤のことです。

医療&介護従事者ならだれでも知っている、エンシュア
医療&介護従事者ならだれでも知っている、エンシュア

おそらくですが、この高齢者施設は、寄付金で成り立っているNGO法人であるため、経営が安定せず財政的に厳しいのでしょう。入居者は全て、家族から見捨てられたご老人たちです。

もちろん、入居者から入居費用はもらえません。国からのサポートもありません。パンデミック経て、財政的な厳しさは、さらに増しているのだと想像できます。

衣食住が当たり前の日本であれば、元気の源は、精神的な要素に帰結するのでしょうが、その前提がないフィリピンのNGOで成り立つこちらの高齢者施設では、元気の源は、栄養剤なのです。

「エンシュア」と大声で回答してくれたご婦人に、悲壮感は全くありません。さも当然であるかのように、笑顔で「エンシュア」と答えてくれました。

私は断食道場を経て、食べ物によって自らが生かされ、食べ物がエネルギーの源になっていることを十分に理解しているはずでした。にもかかわらず、そのことをすっかり忘れていたことに気づかされました。

「エンシュア」と答えてくれたご婦人に、無意識のうちに握手を求めていました。ついでに写真も一緒に撮りました。一時間程度の訪問でしたが、本当に大きな学びが得られました。

エンシュアと笑顔で答えてくれた〝貴婦人〟と一緒に
エンシュアと笑顔で答えてくれた〝貴婦人〟と一緒に
福井のfacebook 福井淳一@海を渡った介護士 note

日本の介護を高齢化が進むアジアに伝えるために~日本らしさを活かした紙芝居の魅力~

日本の介護を、これから高齢化が進むアジア諸国に伝えていく、1つの手段として、きらめき介護塾さんの、認知症紙芝居に注目しています。

認知症のことを医療用語やデータを用いて難しく伝える人はアジアにもたくさんいます。そんな中、お医者さんや看護師さんのような医療の専門職ではなく、普通の人にも分かりやすく伝えられるコンテンツはないだろうか。その上で、「日本らしさ」を加味したものであれば尚良しです。

そんな私の要望にぴったりな認知症のコンテンツが、きらめき介護塾さんの、認知症紙芝居なのです。

認知症の理解の紙芝居
認知症の理解の紙芝居

先日、国際認知症ケアのイベントで認知症紙芝居を披露したところ、さっそくマレーシアのお医者さんが認知症紙芝居のコンテンツを使いたい(学びたい)と、オファーが来ました。

マレーシアでも高齢化が徐々に進んできているようで、認知症の人を抱える家族に、わかりやすく認知症を伝える機会が増えてきたようです。

マレーシアのドクター
マレーシアのドクター

きらめき介護塾さんのオリジナルコンテンツの良さを残しつつ、日本国外でも使えるように、英訳&デジタル化に取り組んでいます。最近はChat GPTをはじめ便利なツールが増えて、作業が断然やり易くなりました。それだけ、日本の介護が届けやすくなりました。

英訳バージョン
英訳バージョン

外国人介護人材の育成と送り出しという、一方通行の国際化だけではなく、日本の介護を世界に届けるという双方向の介護の国際化に貢献できるように頑張ります!

福井のfacebook 福井淳一@海を渡った介護士 note

アジア開催の認知症ケアイベントに参加した感想【まごのてグローバル】

福井淳一@海を渡った介護士

「日本の介護を世界に届けること」に情熱を注ぎ、外国人に介護を教えたり、異業種とコラボして介護事業を開発をしたり、海外介護労働者を送り出したりしています。

福井淳一@海を渡った介護士です!

元プロボクサーの介護福祉士&社会福祉士&精神保健福祉士で、フィリピン在住です。


The Purple Angel(イギリスの認知症ケア団体)が主催する、フィリピン開催のイベントに参加してきました。フィリピンはもちろん、インドネシア、マレーシア、シンガポールから参加者が集まりました。
朝8時半から午後5時までという長丁場のイベントで、14人のゲストスピーカーが代わる代わるステージに出て、プレゼンをするというてんこ盛りの内容でした。

てんこ盛りのプログラム

ラストから2番目の出番である私は、ある程度想定はしていましたが、案の定、時間が押したため、40分で準備したプレゼンを15分に短縮しなくてはならず、自ら携帯のアラームをセットして舞台に上がりました。さすがは、柔軟な時間で過ごす東南アジアのイベントですね(笑)

まずは自己紹介から

プレゼンの途中でアラームが鳴り、きっちり15分で切り上げたのがよかったのか、疲れが見え始めていた聴衆からは拍手が沸き起こりました。内容よりもタイムマネジメントを優先した決断は、我ながらあっぱれです。
とはいえ、15分でも聴衆の心は掴めたようで、マレーシアのお医者さんからは、マレーシアで開催する老齢医学の国際イベントにゲストスピーカーとして参加しないかと誘われました。

マレーシアの老齢医学が専門の医者Dr Lim

学術的な発表が続く中、素人でもわかるように紙芝居形式で認知症ケアを伝える手法が、斬新に映ったのだと思います。

さて、他国のゲストスピーカーのプレゼンを聞いていると、ところどころで日本の話題が出てきました。Long term care insurance(介護保険)や、Speach therapist (言語聴覚士)など、日本ではなじみのワードが、アジアでは珍しいようです。
今回、アジア開催のリアルイベントに参加して、改めて日本の介護を世界に届ける意義を感じました。世界が日本の介護を求めているからです。
残念ながら日本人の参加者は私一人でしたが、だからこそ、もっと世界に関心を向けてもらえるように頑張ろうと思いました。

日本人、あるいは日本で介護を学んだ外国人が活躍できるマーケットは、日本国内だけではないのです。そのことを伝えるためにも、私自身が情熱をもって、日本の介護を世界に届けていきます。

福井のfacebook 福井淳一@海を渡った介護士 note

介護技術解説動画の英語吹替

フィリピンのロックダウンが8カ月目に突入しました。依然としてフェースシールドとマスク着用義務があり、移動の制限もあります。海外からのフィリピン入国も少しずつ緩和してきているものの、就労ビザ保持者や旅行者が自由に往来できるようになるには、まだまだ時間が掛かりそうです。経済的なダメージも深刻です。

とはいえ、11月にはいるとフィリピンでは本格的にクリスマスモードに入ります。オフィスやコンドミニアムのロビーでもクリスマス仕様に様変わりしました。流れてくる音楽もクリスマスソングです。

クリスマスパーティのために働いていると言われるフィリピン人の皆さんですが、今年はコロナの影響で100年に1度の特別なクリスマスになりそうです。この状況下で、どのようにクリスマスをお祝いするのか、ポジティブシンキングのフィリピン人ですから、きっと楽しい方法を見つけ出すと思います。

さて、そんな長期ロックダウンの中、まごのてグローバルの介護教育は完全オンラインとなって継続しています。特定技能公式テキストの解説動画は全て出来上がりました。公式テキストとこの解説動画を見て勉強すれば、大方は試験合格できます。

しかし、介護の理念や体の構造などの知識は得ることができますが、対面での授業ができませんので、介護技術指導が課題です。オンライン上で介護の実技指導は難しいですからね。テキストの解説動画のように、動画を事前に作っておく必要があります。

とはいえ、介護技術指導動画を一から作るとなると、コストと時間が掛かります。そこで、既に出来上がっている日本の介護技術解説動画に英語のサブタイトルと英語の吹替えを加えて、動画をリメイクするプロジェクトを始めました。

オリジナル動画は、1~2分の短い介護技術動画を素晴らしいクオリティで作っているカイゴ大学さんから無料で提供いただきました!カイゴ大学さん、ありがとうございます!!

実際の作業となると、英語のサブタイトル付けは私が四苦八苦しながらもなんとかできますが、英語の吹替え作業は日本人の私では不十分です。そこで、介護クラスの在校生や卒業生に依頼して、吹替え作業を行ってもらっています。

1つの動画に1人の生徒さんとして、毎回別々の生徒さんに依頼しています。このプロジェクトを通して、生徒さんとの交流を深めていこうという狙いもあります。

現在20作品が出来上がりました。年内に30本以上作成していく予定です。オンラインでの授業をより魅力的に、より役立てるように頑張ります。