ニュース

魅力を付け足す

私が尊敬する斎藤一人さんの動画の中でこんなメッセージがあります。『魅力的になると多機能になり、ますます魅力がアップする 』と。

私自身、以前にも書きましたが学生時代から『T字型人間』を目指して、自分が出来ること(機能)を増やしてきました。T型人間とは、ある専門分野に精通していて(T字の縦棒に相当)、かつ専門分野以外のことを浅く広く知っている(T字の横棒に相当)というタイプの人です。

もちろん、私の専門分野は『高齢者福祉、介護』ですので、この領域をどんどん掘り下げていきます。と同時に、専門分野以外の領域で、自分ができることを増やしてきました。つまりT字の横棒を延ばすことを意識してきました。その中で、自分の二つ目の専門分野として掘り下げていくものが見つかり、T字の縦棒を延ばしていくと、T字型人間よりも、さらに魅力的な『π(パイ)型人間』になります。

2つ目の専門領域筆頭候補が、私の場合は『人材』になります。人材は人材でも、海外とリンクした人材です。介護留学生、技能実習生、特定技能とさまざまなチャンネルで海外介護人材が日本にやってきます。その送り出しのサポート、現地での技術指導、育成、または日本の受入れ体制の準備指導など様々な形で、『人材』のスペシャリストが必要になってきます。来月からは、日本式介護技術の指導がスタートします。日本の現場で役に立つ知識と技術をフィリピン人介護士に教えていきます。

さらに、これから育てていきたい3つ目の専門領域が『イベントプロデュース』です。学生時代から、文化祭や学園祭が好きで、社会人になってからも、いろいろとイベントやパーティを企画してきました。私の忘れられない成功体験の一つに、学園祭に仕掛けた『サッカー部 足つぼマッサージ』があります。

学園祭イメージ写真

私が所属していたサッカー部では、なぜだかわかりませんが、学園祭で杏仁豆腐を売ってました。当時一年生だった私は、先輩の意向に従って杏仁豆腐を売りましたが、そんなに売れませんでした。他の出店を見渡してみるとほとんどが飲食店です。これだけ飲食店があれば相当な差別化をしない限り売れないなと思いました。そこで、学園祭に参加している人々を観察してみると、なんとなく手持無沙汰な様子の方が多いなと、特にお父さん方。よくよく調べてみると、娘や息子が出演するステージを待っていたり、奥さんと別行動をして校内をあてもなくフラフラしていたりと暇を持て余している様子です。確かに、いくら飲食店がたくさんあったとしても、胃袋は一つですからお腹が満たされてしまえば、それ以降やることがあまりありませんね。

そんな状況をみて閃いたのが、『足つぼマッサージ』です。待ち時間を埋めるのに、マッサージは非常に有効な手段ですよね。足の裏を押すだけなら、特別な技術は必要なく、体力と指の力があれば誰でもできます。 私は当時マッサージサロンでアルバイトをしていましたので、足裏のマッサージを部員に教えるのは簡単だと分かっていました。

集客も、競合が無いうえに、お金を使う場所がなく暇を持て余しているお父さん層がうろうろしているので、簡単にアプローチが出来るなと。そこで次の年に『サッカー部 足つぼマッサージ』を開催したところ、2日間で10万円以上の売り上げとなり大成功でした!小さな大学の学園祭で10万円以上の売り上げを出すことは凄いことでした。嬉しいことに、その年から足つぼマッサージが、サッカー部の伝統になり、今でも後輩たちが学園祭で足つぼマッサージをしているようです!(^^)!

過去の成功体験の中から自分の強みを発掘し、それを掘り下げていくことで、人はどんどん魅力的になっていきますね。成功体験が見つからない人は、いろいろなことにチャレンジして、何が好きなのかを探っていくのがよいですね。

好きなことにどんどんチャレンジが出来る、素敵な時代に生まれてきて、私たちはラッキーですね~(^O^) 『令和』の新しい時代には、もっともっと人は魅力的になっていくと思います!

業界の『枠』を溶かす

チャリティイベントを3連続で開催しました。

国立病院での高齢者デイケアセンター、児童養護施設、そしてクラブを貸切っての日比交流イベントと、対象世代と場所を変えてのチャリティイベントです。どのイベントも大変な盛り上がりとなり、参加したみなさんに喜んでもらえました!主催者としても大満足な結果です!

 

地元マニラ新聞には記事として取り上げてもらいました~(^O^)

私のミッションは、【国と業界と次元の枠を超えて『介護』をアップデートすること】です。実は今回3連続チャリティイベント開催には、私のミッションが深く関わっています。

以前の記事でも書かせていただいたように、【国の『枠』を超えて介護をアップデートする活動】は、日本人介護士向けのグローバルリーダー研修と、海外介護人材の育成&送り出しがそれにあたります。グローバルリーダー研修ツアーは、おかげさまで今年の5月6月と追加開催決定、今後も依頼が増えていきそうです。

そして、【業界の『枠』を超えて介護をアップデートする活動】が、イベントの開催です。介護業界を取り囲んでいる『枠』を溶かすためには、イベントや祭りを興してみんなでわっしょいわっしょいと楽しむのが一番よいと考えています。

マイケルジャクソンに熱狂するデイケアセンターのおばあちゃんたち

私は介護業界出身の人間ですが、アメリカではレストランやマッサージなどのサービス業、フィリピンでは不動産業に携わってきました。どの業界にも業界独特の慣習や仕組みがあり、その枠の中にいればそれらが当たり前ですが、その枠の外から眺めてみると違和感を覚えることが多々あります。そして、傾向としては業界の枠の中だけでの人間関係になっていき、どんどんどんどん内側に向かって自らを覆っている『枠』が狭くなっていきます。その結果、柔軟性や創造性が限定されてしまい、とても閉塞的な世界が出来上がってしまうのではないでしょうか。

そこに風穴をあけるためにどうしたらよいかと考えた結果が【イベントのプロデュース】です。ありがたいことに、フィリピン人は楽しいことが大好き、イベントが大好き、歌っと踊ってが大好きの国民性です。音楽がうるさくったって騒音で苦情をいうような近隣住民はいません、イベント開催にあたって細かい注文をつけてくるような頭の固い人はいません、楽しければGOです!

イベントプロデュースのスキルを磨くのにうってつけの国にいるのだから、どんどんイベントを仕掛けてノウハウを蓄積し、人脈を広げて、実績を積んでいこうと企んでいます。そして、逆輸入で日本の介護業界の『枠』を溶かす活動をしていきます。そのころには私も、イベントプロデューサーとしてそれなりのポジションは得ているだろうと思います(^o^)

チャリティイベントの打ち合わせ

私には1つ確信している未来があります。それは、【介護施設は地域のプラットフォームになる】というビジョンです。アメリカのグループホームで働いているときにその一端を垣間見てきました。入居者のおじいちゃんやおばあちゃんを中心に、職員、家族、地域の人たちが交じり合ってみんなで楽しくパーティをする。手の込んだ特別なパーティではありません、各々の家庭でつっくった手料理を持ち寄っての『ポットラックパーティ』です。そこに音楽があって、お酒があって、子供からお年寄りまでが仲良く食事やパフォーマンスをする。そんな非日常の世界があるからこそ、おじいちゃんやおばあちゃんの単調な日常生活が、彩り豊かになっていくのだと思います。

介護施設は英語で『Nursing Home』といいます。そこに『Platform(プラットフォーム)』を掛け合わせた『Nursing “Plat ” Home 』これをひとつのプロジェクトとして日本で広げていこうと企んでいます。『 ナーシングプラットフォーム プロジェクト( Nursing “Plat” Home Project) 』です!

 

日本にはかつてはたくさんの祭りがありました。それが地域や家族のつながりが希薄化してどんどん少なくなってきてしまいました。公園で遊んでいる子供の声に苦情を言う近隣住民がいる世界なんて、ちょっと異常だと感じます。自分を取り囲む『枠』がどんどん狭まっているのではないでしょうか。

子供も高齢者も、健常者も障碍者も、日本人も外国人もみんながわっしょいわっしょいと楽しめる空間をつくるのに、高齢者施設ってうってつけだと思いませんか?私にはそんな未来が見えています。

 

ヘーゲルの事物の螺旋的発展によれば、ある物事は一通り、変化・進化し尽くすと原点に戻るようです。その時にはただもとの場所に戻るのではなく、一段階上がっての原点回帰です。螺旋階段を上から見たら同じところに戻っただけに映りますが、横から見たら一段階上がっているのです。昔の祭りから一段階上がった祭りとは何か、それは多種多様な業界や世代や人種が入り混じったノーマライゼーションを含蓄した新しい形の『祭り、イベント』なのではないでしょうか。

今回3連続イベント開催を通して、その世界観に一歩近づけた気がします。

身体をアップデートする

大学を卒業してからアメリカ、フィリピンと海外で長く生活をしてきました。国が変わるたびに、今まで自分が積み上げてきた実績や肩書が一度リセットされます。アメリカに行ったときには、日本で取得した国家資格は全く役に立ちませんでした。アメリカからフィリピンへと拠点を変えた時にも、アメリカで得た資格や実績は何の意味も成しえませんでした。すべてゼロからのスタートになります。

そんな体験をしてきたおかげで、自分を説明してくれる肩書や組織や資格などに対しては、早い段階で執着がなくなりました。そんな移ろいやすいものよりも、どこの国でも、どんな環境でも通用するものを身に付けることに意識を注いできました。実際にアメリカに降り立ってからもっとも役に立ったのは、日本で培った指圧の技術であり、誰も知り合いのいないフィリピンで自分を守ってくれたのは、アメリカで学んだ英語とコミュニケーション力でした。

今年はフィリピンに来てから8年目になります。今までマニラでじっと根を生やして基盤を作ってきましたので、そろそろ次のステージに進んでいこうかと思います。次はマニラを拠点としたアジア各国への移動と、日本、サンフランシスコ、マニラを結んだ太平洋三角形の移動をイメージしています。アジア各国への移動の目的は、日本向け介護人材の育成と日本の介護(Kaigo)の輸出、太平洋三角形の移動は、新しいテクノロジーを導入した介護のアップデートのためです。具体的にどうするかはまだ思案中ですが、次のステージは『移動し続ける』というテーマは決めています。

そこで今、自分は何に投資をしているかというと、ズバリ『身体つくり』です。40歳手前でしっかりと身体をアップデートし、次の『移動し続ける』ステージで耐えられる身体を作るのが目標です。運動して体力をつけること、食生活を見直して体の調子を整えること、時差や移動中の短い睡眠でもしっかり回復できる睡眠サイクルをつくること、などです。

目標は明確なのですが、いざそれに向かって努力し続けるのは難しいものです。そこで、自らを追い込むためにボクシングの試合に出場することを決めました。これで運動して体力をつけることは嫌でも叶うでしょう(笑) 試合は3分3ラウンドです。敵と対峙して3分間動き続けるのは相当な体力が必要になります。もうやるしかありません!

さらに、『身体をアップデートする』を後押しする強力な援軍が現れました。我が息子です。とにかく食欲が旺盛で昼夜問わずお腹がすくとものすごい勢いで泣きわめきます。昼間はベビーシッターが面倒をみてくれますが、夜は妻と交代で私も対応します。ゲストルームを子供部屋にして、1人は我が子の夜泣き対応、1人は寝室で仮眠です。現在のパターンは、私が午前0時まで眠ってその後3時間子守夜勤、午前4時に再睡眠となります。特養での夜勤生活を思い出します(^^;)

私のチャレンジは、再睡眠の後に待ち構えています。なぜなら午前6時に起きて出勤前にジムに行くからです。強制的に身体を目覚めさせてコンディションをピークに持っていかなくてはなりません。睡眠時間が削られた状態で朝からコンディションを上げていくには、短期間で良質な睡眠を取ること、そして日ごろからの食生活がとても重要になります。とくに炭水化物の摂取には気を付けなくてはなりません。糖は身体を酸化させて動きを鈍らせ、インシュリンの急激な上昇は眠気を誘うからです。

我が子のおかげで、ボクシングの試合同様に、強制的に睡眠サイクルと食生活がアップデートされてきています。身体もだいぶ絞れてきました!!目標を定めると、ちゃんと神さまがそれに見合う環境を与えてくれるのですね(笑)

体力や見た目の美しさは、どこの国でも、どんな環境でも必ず役に立つビジネスツールです。 今は投資の時期、身体のアップデートに全力を注ぎます!

グローバルリーダー研修ツアーのプロモーション動画完成

4月から始まる『特定技能』で介護を含む14職種に従事している外国人が日本で働けるようになります。フィリピン人は英語が話せるため、サービス業である、外食業、宿泊業で人気があるようです。そして、もちろん介護も大人気です。

フィリピン人は明るく、ホスピタリティにあふれているため介護職が向いているとよく言われています。8年間フィリピンで生活をしていて、フィリピン人と共に仕事をしてきた私の見解も同じです。フィリピン人はとにかく明るい、そして人をもてなす気持ちが強くあります。

例えば、先日国立病院でのデイケアサービスセンターでの話。私の奥さんが所属している日本人女性コーラスグループがデイケアサービスでパフォーマンスをすることになりました。

すると、デイケアサービスに参加している方々が、自らダンスグループを結成して私たちをおもてなししてくれました^^

突然衣装に着替えだして何をするのかと思ったらフラダンスを踊ってくれました。私の母親も昔からフラダンスを習っていて、よく高齢者施設に行っては踊りを披露していました。リズムもゆっくりですし、踊りも激しくないため、お歳を召されていても楽しめる踊りですよね。

ところが、彼らのおもてなしはこれだけではありませんでした!!

どうでしょう、このホスピタリティ、この明るさ、そしてこのバイタリティ。フィリピンの人たちは『楽しみ方』をよくわかっています。

私もアイドルグループと写真が撮れて大満足です(笑) 日本人のお年寄りで、この衣装を着て、この踊りを、人から頼まれていないのにできる人が、果たしてどれだけいるでしょうか??私たち日本人にはない特性を持っていますよね。

 

上記のケースは一例ですが、外国人介護士の受入れを単に労働力不足を補うための手段として捉えるのではなく、日本人である私たちが彼らから学び、そしてともに手を取り合って新しい介護を創っていけるチャンスだと、私は考えています。グローバルリーダー研修ツアーがそのきっかけになれれば嬉しいです。これからどんどんこのツアーを広げていきます!(^^)!

憧れの『ツヨシ』

おかげさまで、我が子は順調に成長し3週間が過ぎました。生活のリズムは子供中心になりましたね(^^;)ただ、このまま今までの習慣を続けていては心や体にひずみが生じてしまうのは目に見えているため、いくつか決まり事を作ることにしました。

1つ目は、炭水化物をカットし食事量を減らすこと。子育てによる体力消耗と睡眠不足を補うために余分なカロリーを減らして、体内の消化酵素を代謝酵素に変換して効率的に体力回復できる身体にシフトチェンジをしていきます。ただ日常生活を行うだけであれば、食生活を見直す必要はないのですが、ボクシングを続けるとなると身体の構成要素を作り変えなくてはなりません。今年の5月にはまた試合に出ることを目標にしているので、頑張ります!

2つ目は、インプットを増やすこと。子供が寝ている時や、料理をしている時などの隙間時間を使って、脳へのインプットを増やす。いつもは外に出て人と会ったり、カフェで新しいプランを考えたりと、エネルギーを『外』に向けて使っていました。しかし、子育ての間はどんどん本を読んで、動画を見て、とインプットに集中していこうと思います。最近はYoutubeでも素晴らしい学びのコンテンツがたくさんあり本当に勉強になりますね、ありがたいことです。

3つ目は、育児&家事をプライオリティのトップに置くことです。ありがたいことに、2月&3月は比較的仕事が緩やかであるため、育児&家事にエネルギーを注ぐことが出来ます。子供の成長にとっても、親としての自分の成長にとっても、『今』子育てに集中することは長く人生を俯瞰した時に、とても重要なことだと思います。子供の成長はあっという間だそうですから、そこにしっかりと関わって、お互いの成長を見届けていきたいと思います。

さて、手前味噌で恐縮ですがやっぱり私の育児&家事のスキルは高いなと自負しております。自分で自分のことを褒められるのが、私の良いところです(笑)

なぜ、育児&家事のスキルが高いかというと、昔読んでいた漫画が強く影響しています。漫画大好きの私には、憧れのヒーローが2人います。1人目は、『課長 島耕作』の主人公、島耕作です。”島耕作のようにビジネスのプロになって世界を飛び回りたい!!” これが原点となって大学を卒業してからすぐに海外に出ました。まだ島耕作のように海外をビジネスで飛び回れるようにはなっていませんが、着実に準備はしています!

2人目は、『ツヨシしっかりしなさい』の主人公、井川強です。あまり馴染みがないかもしれませんが、1992年には日曜午後6時からアニメ放送されていて『ちびまるこちゃん』の登場まで、けっこう有名だったと思います。その井川 強にとても憧れていました。

では、井川 強とは?ウェキペディアによると、

本作の主人公。通称「ツヨシ」。誕生日:12月24日、血液型はA型。住所は東京都練馬区東大泉2-3-4。周囲から「スポーツだけは得意な馬鹿」と思われているが、実際は「勉強だけできない」万能人間であり、家事全般からスポーツ、日曜大工、桜の木の剪定や大道芸に至るまで様々な「その道の達人」達をうならせる腕を持つ。家事全般をこなした父が単身赴任で不在な為に、家事が出来ない井川家の女性陣に代わりしぶしぶ家事全般を引き受ける事となり、彼女たちから理不尽な仕打ちや体罰を受ける事が多い。(続く)

学校の勉強はできないが、スポーツ万能、炊事洗濯アイロンがけ、そして日曜大工に至るすべてをパーフェクトにこなす、ツヨシの驚くべき汎用性の高さに、毎度驚かされ、強い憧れをいただいていました。(私もツヨシみたいに、どこへいっても、どんな状況でも役に立てる人間になりたい)そう強く望んでいました。

あれから約20年が経ちました。ツヨシと同じように、学校の勉強は全然ダメでしたね、よく大学を卒業できたかと思います(笑)。しかし、ツヨシのようにスポーツ万能には程遠いですが、40歳手前であってもそこそこ機敏に動ける体は手に入れました。また、介護現場や様々な仕事を通して鍛えられた、家事やマッサージなどのスキル(日曜大工はまるっきりダメですが)は人並み以上です。そう考えてみると、そこそこ憧れのツヨシに近づいたのでは、と昔を思い返しています(笑)

奥さんがいて、メイドさんがいての生活では、全く家事をする必要がなかったのですが、こうやって子供が生まれたおかげでまた家事に関わることが出来ました。これも貴重な体験だと思います。しばらくは、『島耕作』はおいといて、家事最強の『井川強』を目指していきます^^