編集者 のすべての投稿

『課題先進国』から『課題解決先進国』へ

「課題先進国」から「課題解決先進国」へ──SAPが構想するこれからの日本の立ち位置、https://wired.jp/2018/11/19/sap_technology-for-japan-ws/

 

こちらの記事がとても面白かったです。下記太字で抜粋します。

「少子高齢化をはじめとして日本は非常に多くの課題を抱えていますよね。『課題先進国』なんていう言葉もありますが、今後ほかの先進国も直面するであろう問題にいち早く取り組まなければいけないのが日本だと考えられています」

確かに、日本は少子高齢化問題、経済の長期的低迷、雇用の変化、国債残高の増大、格差の拡大などなど、多くの課題を抱えています。しかし、これらの課題は日本だけのものではなく、他のアジア諸国、中国や工業化が進み経済成長を遂げた、韓国、台湾などの国もいずれは日本と同じ問題に突き当たることになります。そこで、こうした課題を一番最初に解決しなくてはならない日本は、『課題解決先進国』になれるチャンスも秘めていると言われています。

日本人はこれまで平均的にみんなの能力が高いという『平均力』で戦ってきました。高度経済成長期にはこの力がうまく機能して、ビジネスや社会システムを1から100に成長させてきた。でも、みんなが平均的にできることはいわばパターン化できるわけで、その多くは今後AIにとって代わられる部分も多くなるんじゃないかと思っています。これからは平均力だけではなく0から1をつくれる人を増やさないといけないわけです。

0から1を創り出す、つまり、事業開発能力を磨くことは、これからの時代ますます重要になってきますね。私がポスト平成のリーダーとして日本に大きな影響力を与えるであろうと注目している若手オピニオンリーダー、落合陽一さんも、番組の中で同様な発言がありました。視聴者から『文系の人がこれからの時代を生きる上で必要な能力は何ですか?』との質問に対して、『Business Development(事業開発)能力は大切ですよ』とのこと。いろいろな引出しを持っていて、事業開発のロードマップが描ける力は必要だと言ってました。まさに課題先進国の日本にとって、社会問題を解決するためにも新しい事業を創り出すことは重要だと、落合さんの話を聞いていて深くうなずきました。

(現代の魔法使いと言われている落合陽一さん)

 

ではそのような能力を身に付けるにはどうしたらよいのでしょうか。先日、友人で20年以上看護師として働いていた女性からの何気ない話の中にヒントがありました。

彼女は昨年、長く勤めていた病院を辞めました。そして現在は『自分は何がやりたいのか』を模索しつつ、今まで時間が無くて出来なかった様々なことにチャレンジしています。その彼女が『看護師というポジションから離れて、自分の立ち位置を変えたとき、新しい世界が広がった』と、そして『これからはいろいろな立ち位置で新しい世界を見ていきたい』と言っていました。

確かに、同じ職場、同じ業界に長くいるとどうしても視野が狭くなってしまいます。周りには自分と同じような考えの人が多くなるからです。そこで、環境をがらりと変えてしまうことで、新しい世界が広がり、いろいろな視点から新しい世界を広げていきたい、という彼女の発言は面白いなと思いました。

(ポジションを変えると見えてくる新しい世界)

 

私にとって、事業開発とは料理のようなものだと考えています。まずは食材を集めるために外に出ます。そこで人と出会い、その人との会話の中からいろいろな食材を集めたり引き出したりします。まるで、ハイキングをしに山に出かけて、そこで山菜や魚や木の実を集めるような感じです。

(事業開発のためのアイデアの材料)

 

それらの材料と、自分が漠然と描いている料理のイメージとがまじりあった時、新しい事業アイデアが生まれてきます。前回のブログでも書きましたが、私は介護業界を離れてこの7年間は様々な業界や職種の方々と親睦を深めてきました。おかげさまで、料理の材料はふんだんに揃い、その中から昨年いくつかの事業計画を立て、〝ハイキング〟で出会った仲間と共に進めています。事業開発のためには、まず人との出会いのすそ野を広げておくのことが、何よりも大切なことだと感じています。

(仲間と共にロードマップを歩んでいく)

 

 

さて、2025年には大阪万博が開催されます。

 

その時に、課題先進国の日本が世界に向けて、どのような課題解決を示せるか、重要な試金石になるかと思います。介護業界に携わる私たちの役割は、新しいテクノロジーの開発や新しい制度を生み出すことではなく、現場から課題を抽出して、新しいテクノロジーや制度をうまく取り入れること、そして、様々な業界の方々とスクラムを組んで、課題解決に取り組むことだ思います。介護業界にとっても本当に面白い時代がやってきました。

大阪万博まであと6年。介護業界から日本が世界に影響力を持てるよう、このチャンスを精一杯活かしていきます!

 

 

 

自分軸を公転する

私の場合、幸運だったのは人生の早い段階で『やりたいこと』が定まっていたことです。大学1年生の時に特別養護老人ホームで夜勤アルバイトをして、『介護』の世界に触れました。人のお世話をすることも好きですし、お年寄りも好きですので、介護の仕事は楽しかったです。ただ、介護士として働くことが、自分のやりたいことかというとそうではありませんでした。では、何が私の心を鷲掴みにしたかというと、〚世界に先駆けて超高齢社会に突入した日本は、高齢化問題の解決策を示すことで、世界でリーダーシップを取ることができる〛です。こんなエキサイティングなチャンスのある分野は、他にはあまりないように思います。

私が介護の道を志した1年前の2000年に介護保険が始まりました。これからは福祉の措置ではなく、サービスとしての介護が始まる。まだまだ誰も手掛けていない見渡す限りのブルーオーシャンです。これはものすごいチャンスだ!!と、この事実に気づいた瞬間に、私の人生の軸は定まりました。

 

私がやりたいことは、世界でリーダーシップが取れる新しい介護を創ること、です。日本の介護保険は素晴らしいシステムですが、福祉の措置から積み上げられた介護保険の枠に収まるサービスだけでは、きっと高齢者は満足できないはずと考え、日本を出ました。もちろん、介護現場でしっかりと日本の介護を学び、日本人介護士という軸を創ってからです。

その後、アメリカとフィリピンで介護業界とは異なる分野で働きました。意識して介護業界から離れたわけではなく、日本人介護士としてのポジションだけでは生活が立ち行かなかったからです(苦笑)。簡単な話、お金が稼げなかったから別の仕事をせざるを得なかったのです。従って、自分の軸は日本人介護士として置いておきながら、その軸から離れた場所で新しい生活圏を築きつつ、軸(日本人、介護士)との関連性を見つめていました。

新しい国や異業界にチャレンジすることで、軸の周りをくるくるくるくると回っているような感じです。天体に例えるのであれば、太陽の周りを公転している地球のようなものでしょうか。初めの数年間は悶々と太陽の周りをまわり続けていることにもどかしさもありました。やりたいことは介護関連の仕事なのに、それだけに集中出来ない。だからといって日本に帰る選択肢はなかったので、ひたすらチャンスを待って回り続けるしかありませんでした。

しかし、そうやって回り続けていくうちに、自分の軸(日本人、介護士)を客観的に、そして俯瞰的に見る視点が持てるようになりました。あるときは軸に内在し、あるときは軸に外在しとそれを繰り返すことで、全く新しい介護を創造することができるのではないかと考えるようになりました。海外に出てお金が稼げなかったことで気づけた新しい発見であり、まさに自分にとっては怪我の功名でした。

 

おかげさまで、今では日本の介護業界に向けてチャレンジしてみたいアイデアがいくつも出てきました。そのアイデアを実践するのが2019年の私の仕事だと考えています。ところで、地球が太陽の周りを公転していることは皆さんご存知だと思いますが、実は太陽も時速70,000kmのスピードで銀河を回っています。下記の動画を見ると太陽系の動きがよくわかるかと思います。宇宙のすべては螺旋状に進化しているのですね!

 

立ち止まっていたら、地球船から落っこちてしまいそうですね(笑)本当に変化の激しいこの時代、介護業界はこれからがさらに面白くなってくると思います。皆さんと協力して新しい介護を創っていき、世界に発信していきましょう!!来年もどうぞよろしく願いいたします(^^)/

 

 

フィリピンのダンスパフォーマンス!!

クリスマスシーズンになり、フィリピンではそこらじゅうでクリスマスパーティが開催されています。この時期に日本人がつくづく感じるのは、『フィリピン人はなんてダンスが上手なのだろうか』と。子供からお年寄りまで皆ダンスが本当に上手い!!日本人が到底かなわないレベルである。

そんなフィリピンでのクリスマスパーティには必ずダンスの発表がある。残業はしなくても、仕事後のダンスの練習は黙々と行うのがフィリピン人。本当にダンスが好きなんですね~。そんなフィリピン人の素晴らしいダンスをご覧ください。

 

 

 

 

どうでしょうか?本当に楽しそうにダンスをしてますよね。見てる人を喜ばすためというよりも、自分がめいっぱい楽しむためにダンスをしているようです。その楽しそうな姿をみて、観客も喜ぶのでしょうね。フィリピン人はみな生粋のエンターテイナーです(^.^)

 

 

目に見えないケア

フィリピンで生活していると日本ではなかなか出会えない面白い人に出会います。特に私は交流会を開催していますので面白い人に出会う確率が高いです。その中で最近出会って仲良くしている方は、日本人占い師の女性です。

(イメージ画)

 

日本人交流会で彼女を見かけた時、『ただ者ではないオーラ』を感じました。表向きは不動産業界にいるが、本職は占い師とのこと。私は、(自分とは異なる変わった人)、(何かに突出している人)には積極的に会うようにしているので、早速彼女と会う約束をして、その後占いを受けることにしました。

彼女の占いの基本は占星術で、占いの内容については『なるほど~』と納得のいくことが多くありました。ちなみに皆さんは【帝王切開】の由来はご存知ですか?諸説があるのですが、中国では占星術によって皇帝が生まれる誕生日が決められており、その誕生日を守るために帝王切開で出産したという説があります。生まれた日、時間、場所と天体との関係で、その産まれてくる赤ちゃんの運命がある程度決まるということです。帝王になるためには、この日、この時間に生まれなくてはならないため、自然分娩ではなく、切開して生み出す、ことから【帝王切開】という言葉が出来たようです。占星術には長い歴史があり、深い叡智を感じます。

さて、私の占い内容は置いといて、彼女からの興味深い話を聞きました。占い師として以前はメディアにでるくらい有名であった彼女がなぜフィリピンに来たかというと、その理由は日本の介護問題にありました。依頼主から様々な悩み事を打ち明けられるのですが、その中で辛い相談事の一つが、親の介護についてだそうです。在宅介護に疲れ切り、先の見えない介護のスパイラルにはまってしまった介護者から『私の親はいつ死にますか』という相談が一番辛いと話してくれました。

私自身、数年前に父親をがんで亡くしました。がんの宣告を受けてから家族の状況は一変し、すべてが父親の看病を中心とする生活になりました。父親の病状で一喜一憂をする日々は薄氷を踏む思いで、本当にいつ家族のバランスを失ってしまうのかわからない状態でした。なので、在宅介護に疲れ切った中年の息子さん、娘さんの気持ちはよくわかります。

日本の介護を取り巻く状況に光が見えず、海外から介護問題を解決する方法はないかと考えて、フィリピンに来られたようです。意外なところで私と想いが一致して、それからは介護と占星術という一見すると全く異なる分野から、これからの日本の介護について議論を深めています。

 

話は変わりますが、私はフィリピンの高齢者施設を調査しています。介護後進国のフィリピンに日本の介護問題の解決策があるのではないかと考えているからです。そこで面白い光景に出会いました。日本のグループホームのような施設に介護ボランティアをしていた時のことです。居室でオムツ交換の見学をしていると、突然白い服をきた初老の男性が本を片手に入ってきました。フィリピン人スタッフは全く気にせずオムツ交換を続けていたので、私も傍観をしていると、その男性は本を読みだしました。後で話を聞いてみると、地域に住むその初老の男性は、毎週日曜日にボランティアで聖書を読みに来てくれるようです。

 

オムツ交換の時に聖書を読まなくても。。。とツッコミどころはあるのですが、本人はとても真剣に聖書を読んでくれてました。タガログ語なので内容は分かりませんが、おそらくは人としての生き方やあり方についての話だろうと想像します。

また、別の高齢者施設で、韓国の宗教団体が運営し、身寄りのないお年寄りをケアしている施設があります。様々な理由で路上生活をしていた高齢者の方々が生活をしています。もちろん入居費用など支払えませんのですべて無料です。個室もなく、訪ねてくる家族もいませんが、入居者の皆さんはとても穏やかな表情をしています。私にはそれが不思議でなりませんでした。私なりに理由を探ってみると、施設に住み込みでケアを行っているシスターの高い精神性、そして、1日2回みんなで集まって行う祈りや、日曜日に行うミサが、入居者やケアスタッフに安らぎを与えているのではないかと感じました。

 

 

日本は、先進国であり物理的には進んだ国です。しかし、生老病死の苦しみに直面した時に、寄り添える何かが足りない。それが宗教なのか、心理学的な心のケアなのか分かりませんが、その何かを探って創り上げていくことが、日本の介護問題解決の糸口になるのではなかと感じています。フィリピンはいつも、私にいろいろなことを考える機会を与えてくれます。

 

 

メールと名刺の行く末

半年に1度のペースで、マニラ日本人交流会、通称『ワインの会』を開催しています。2013年から始めましたので5年間続いている交流会です。そもそもの始まりは、私がまだ30歳になったばかりの時に、同じ年の某通信大手にお勤めの駐在員と一緒に『アラサーの会』をはじめました。アラサーの定義を20~30代として、マニラで働く同世代に声を掛けて定期的に集まっての飲み会です。徐々に人数が増えていき40~50人くらいまで規模が拡大しました。

『アラサーの会』の認知度が高まるにつれて私の元のこのような苦情が届くようになりました、『私は40代なのでアラサーの会に参加できません、福井さん、なぜアラフォーの会を開催しないのですか』と。同様に、50代の方からは、『なぜ年齢制限をすのですか、アラフィフの会も開催してください』、しまいには60代からも『アラシックスの会を!!』という声があり、このままでは収集がつかないため『ワインの会』というどの世代の方にも参加できる交流会を始めることになりました。

現在のマニラ日本人コミュニティでは、頻繁に『80年生まれの会』『82年生まれの会』『74年生まれの会』などなど細かく年代を分けての交流会があります。同世代ならではのトピックスもありますし、それはそれで楽しい交流会ですが、私の場合は以上の理由のため全世代を対象とした交流会を行っています。

 

今回も20代から60代まで幅広い方々にご参加いただきました。

(写真を撮ったのがイベントの後半であったため50代~60代の方々は気分よく酔って既にお帰りになっていました(笑))

 

さて、このような交流会を5年間も開催していると時代の変化を感じることがあります。それは、コミュニケーションツールの変化です。『ワインの会』開催当初の2013年から、会の案内はメールで行っています。ただメールでの一斉送信ですと、迷惑メールに入って見落としてしまったり、すでに帰任されている場合のアップデートが必要だったりなど、不自由な点があります。そこで、最近ではメールと併用してフェイスブックを使っての告知もしてます。主に20代~30代の方には有効な手段で、フェイスブックのメッセンジャーで簡単にシェアもできるため拡散力があります。

 

 

上記のグラフを見て分かるように、現在の10代20代はメールよりもSNSを活用しています。メール世代は私たち30代以降になります。20代の方が言ってました『メールはメンドクサイ』と。確かに、メールのやりとりを何度も繰り返すよりも、SNSを使ったほうがサクサクッと話が進んでいきます。今の20代が社会の主力になる10年以内には、メールはあまり使われなくなる世の中になりそうですね。

そして、名刺です。時代の流れが速い現代において、名刺に書かれている情報もすぐに古くなっていきます。転職したり、職種が変わったり、複数の仕事を同時に行っていたりとすると、名刺で毎回アップデートするのは難しいですね。所属や肩書、職種よりも、本人にフォーカスしたSNSで繋がっていたほうが、自然とアップデートできて便利です。『私はSNSやりませんので』なんて言っているとどんどん時代から取り残されていきますね~。『ガラケーに慣れているので、今更スマホは使えません』と言っている人と同じくらい時代遅れになっていくかもですね。

ガラケーで思い出しましたが、かたくなにスマホを使うことに拒否し続けていた60代の経営者の方が、周りの圧力にとうとう屈服しスマホを使うようになりました。その方から写メ(この言葉もそろそろ死語になりそう)が送られてきたいのですが、なんと手書きのメモを写真で撮って送ってきたいのでした!!その方曰く、文字の打ち方が分からないが、写真だけは撮って送ることができるので、相手からのSNSの内容を読んで、返信は手書きのメモの写メで行っているようです(笑) 新しい形のコミュニケーションですね(^^;)

テクノロジー最先端の中国では、SNSといえば、動画ではなくライブ配信が主流になりつつあるようです。中国のテクノロジーの発展はすごいですね、支払いはキャッシュレスが当たり前。中国人の友達の話では、物乞いも現金は受け取らないで、スマホで課金してもらうとか。偽札の心配もなくキャッシュレスの方が断然便利だそうです。

このように時代はどんどん変化していっています。スマホの次のコミュニケーションツールはVR(バーチャルリアリティ)と言われています。仮想現実ですね。それが実現する日もそう遠くはないようです。その次は、テレパシーでしょうか?冗談に聞こえるかもしれませんが、私の高校時代のポケベルから今のスマホの変化はかなり劇的でした。それ以上の変化のスピードですから、何が起こっても不思議ではありません。大切なのは常に自分自身を変化(アップデート)し続けていくことだと思います。世代をまたいだ交流会は、自分の今の立ち位置を確認するよい機会になりますね。